ゆずほ歯科医院

輝くように白く綺麗に並んだ歯で、とびっきりの笑顔を格安で

  • slide1
  • slide2

HOME ≫ 一般診療

一般診療

一般歯科

一般歯科とは、小児歯科・矯正歯科・口腔外科といった特殊な歯の治療以外のむし歯治療や歯周病の治療、義歯の作成など、通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。

むし歯ができた、歯が欠けた、歯が痛い、歯茎から血が出るなどの症状は、一般歯科で行うことができます。

痛くない、やさしい治療

歯医者さんは「痛くて怖い」ところで、歯が悪くてもなかなか足が向かないとおっしゃる方が多いと思います。 当クリニックでは、注射部位に表面麻酔を施し、患者様の苦痛を和らげる配慮 をしております。

歯の神経を大切にする治療

歯の神経をとって歯がもろくなった方も多いと思います。当院では可能なかぎり歯の神経をとらずに治療いたします。神経の除去は最終的な治療と考えております。

かみ合わせの治療

あごを動かすと顎関節が痛んだり、雑音がすることはありませんか?
重症になると開口障害や咀嚼障害をひきおこし、首や肩がこったり、腕に症状の出ることもあります。当院では、かみ合わせの治療も行っておりますので、お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

虫歯の治療

虫歯とはミュータンスと呼ばれる細菌が産生する酸によって歯が溶かされ、 穴が開いた状態「う蝕」またはそのような状態になっている個々の歯を指して「虫歯」と呼んでいます。 これらの治療はほとんど保険の範囲内で行うことができます。

病巣無菌化組織修復療法

当院では「病巣無菌化組織修復療法」略して「3Mix-MP法」を行っています。
従来の治療概念を完全に覆す新しいむし歯の治療法です

従来の治療法

むし歯の部分を除去し、再発予防のため健康歯質もある程度除去していました。むし歯が大きかったり、神経に達していると神経を取る治療をしました。患者さんの身体的、精神的、及び歯に対するダメージが大きかったりです。再治療する場合も多かったです。

3Mix-MP法

内科的歯科治療と呼ばれ、細菌を殺菌し歯の中を無菌化することで自然治癒力による生体レベルの組織修復をはかる治療法です。
できるだけ「削らない」治療法です。従って患者さんのダメージが少ない治療法です。
(3Mix-MP法の特徴)
基本的に無麻酔です。(場合により麻酔することもあります。)
基本的に削る部分は薬をつめるのに必要な量だけです。神経に達したむし歯でも、今までのように神経を取らずに済みます。神経の治療をした歯で再発した歯も治療できます。
以上の治療の最終的な形は修復物で覆いますので削りますが、その時は治療していますので、ほとんど痛みはありません。

この治療の結果、歯の寿命を伸ばすことができます。適応症がありますので、全ての治療には使えませんが、適応症の患者さんにとっては革命的な治療法です。
費用について
※まだ保険治療が認定されていない治療法です。希望される場合は自由診療となります。
※最終的な修復物の種類によって費用は異なります。
※乳歯は生えかわりますので費用は成人の方とは異なります。

歯周病

お口の中の健康を維持・増進するためには、治療後の定期的なチェックと継続的なメンテナンス(お手入れ)が大事。当院では、歯や歯肉の状態を診察し適切なケアを行い、むし歯や歯周病などを予防します。

スケーリング&プラークコントロール

歯肉の腫れや出血、痛み、歯の浮きやぐらつき、口臭などをチェック し、歯周病の原因となる歯垢(細菌の塊)や歯石を取り除きます。

歯周ポケット検査

通常歯茎と歯の間のポケットは3mmぐらいの深さですが歯周病が進行すると5mm以上にもなります。

なぜプラークは歯周病の原因に?

プラークは細菌の塊。ほっておくとプラークの細菌が歯茎に炎症や感染を起こす原因となります。
目に見えない細菌をすみずみまで、しっかり落とすための歯ミガキ、プラークコントロールが必要です。

正しいプラークコントロール

  • 歯ブラシを上手に使ってプラークを落とします。
  • 歯ミガキ指導を受けます。
  • 歯と歯のあいだの目に見えないプラークを落とします。
  • デンタルフロスや歯間ブラシを使う歯間清掃の指導を受けます。

ファイバーコア(自費治療)

ファイバーコア(ファイバーポスト&レジンコア)とは、FRC(ガラス繊維強化樹脂)という支柱(ポスト)を入れることによって、レジンコアの強度を改善する目的で開発された土台(コア)です。

メタルコア(金属の心棒)

一般的に広く使われているものにメタルコアという金属の土台があります。 保険の範囲内で適用が可能な為、安価ででき、更にほとんどの症例につかえるという特徴があります。

しかし、金属は歯よりも硬い為、歯が揺らされたときに、金属のくさび効果により歯根が割れる可能性が高い、合金中に銀が含まれている為、唾液などで錆びる可能性があるなど、問題があるのも事実です。

ファイバーコア(樹脂の心棒)

ファイバーコアとはガラス繊維強化樹脂を利用した歯の土台です。
通常、歯の神経を取ってしまうと歯自体はもろくなってしまいますが、材質が象牙質に近い硬さのファイバーコアは金属の土台よりも弾力があり、歯の根っこが折れてしまうリスクを減らすことができます。

また、以前メタルコアが入っていたなど、歯牙がかなり喪失している弱い歯質を補うのに最適であります。

セラミックスの様なメタルを使わない被せ物に、金属の土台を用いると黒ずんで見えてしまいますが、ファイバーコアは色調が白く、セラミックスの色に馴染みますので、審美的観点から見ても非常に有効な処置であることが言えます。

その他に金属と違い錆びない、金属アレルギーの心配がない、など多くの利点があります。

※ファイバーコアは自費治療扱いのため 保険が適用されません。

お問い合わせはこちら

contact
店舗情報
ゆずほ歯科医院
  • 電話番号
    03-5346-2554
  • 営業日
    月・火・水・木・金・土曜日
  • 営業時間
    (午前) 9:00 ~ 13:00
    (午後) 15:00 ~ 19:00
    ※土曜日は 18:00まで
  • 住所
    東京都杉並区久我山3-37-6
  • 定休日
    日曜日・祝祭日
店舗概要はこちら

モバイルサイト

医療法人社団恵朋会ゆずほ歯科医院モバイルサイトQRコード

医療法人社団恵朋会ゆずほ歯科医院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!